もし、もう一度やり直せたら③

ガバッと起き上がって周りを見回す。
 

リュックを抱えて居眠りする青年。

 

パソコンとにらめっこする司書。

頭を寄せあってクスクスと笑う女の子たち。
 

「マジで…戻ってる。」
 

全部、昨日見た風景だった。
 

夏希はスマホをつけて時間を確認した。
 

17:22
 

飲み会は18:00からのはずだ。大学から15分程度で着く居酒屋が予約してあった。

 

あと40分…。

 

「飲み会、行かないほうがいいかな…。」
 

夏希は、遼との電話を思い出した。

この飲み会に行かなければ、喧嘩にならなかったかもしれない。
 

LINEの画面をひらき、サークルのチャットを呼びだす。
 

-絶対夏希遅れるだろwww

 -遅れたら罰金www

 -愛しの遼と電話なうww

             うるせー笑笑-
 

昨日のやり取り。

 なんだか、コントを見ているみたいだ。

 台本の決まったコント。

 台本通りに進んだら、遼と別れなければならないコント。
 

-ごめん!!!!まじで二日酔いしてるから今日はパスする!!
 

一気に打ち込んで、送信した。
 

…これで、大丈夫。私は遼と別れなくてすむ。

 

ピロン!
 

スマホの画面が光る。
 

-まじかよおおおおお

 -また今度のみ行こ!
 

ああ…何だか胸が痛むな。
 

画面を下にスクロールして遼とのLINEをひらいた。

 

-今年は忙しいからあんま会えないよな

               寂しい?-

 -寂しくないwww

               寂しいくせに笑-

 

この時、楽しかったよな…。

 

夏希は、思い切って通話ボタンを押してみた。

 

「……あ、もしもし。」

 「夏希。珍しいじゃん、どした?」
 

そういえば、話すことなんて何も考えてなかった。
 

「夏希?おーい?」
 

なんで、電話したんだっけ。
 

「夏希?」

 「…あの、なんていうか。電話かけてみた…。」
 

私、何言ってるんだ。
 

「なにそれ(笑)…久しぶりじゃん、そういうの。」

 「そうだっけ?」

 「最近、夏希が飲み会ばっかで、俺少し寂しかった(笑)」
 

あ…。
 

「…ごめん。」

 「なんか今日は妙に素直だな(笑)」

 「なんていうか、私は遼とこれからも一緒にいたいと思って…。」
 

遼の声が途切れる。
 

「あの、だから…。最近、飲み会ばっかりで、悪かったなって…。」

 

少しの間、沈黙があった。

 

「夏希、ありがと。そう思ってくれてたなら、嬉しいよ。」

 「…うん。」

 

「でも、俺も…夏希に話さなきゃいけないことがある。」

 

つづく